トレンドな日記

人気アイテムについてなど様々なニュースについてなど更新しています。


Yahoo!ショッピング

今こそ、韓国に謝ろう

   

今こそ、韓国に謝ろうってすごいタイトル(; ・`д・´)


今こそ、韓国に謝ろう

百田尚樹、攻めてますね。

レビューを読むと、タイトルが皮肉だったことがわかりますw

アマゾン
>>今こそ、韓国に謝ろう カスタマーレビュー

ベストセラー1位みたいです。

クラシック 天才たちの到達点 [ 百田 尚樹 ]

クラシック 天才たちの到達点 [ 百田 尚樹 ] 2,106円(税込)【送料込】

楽天ブックス

百田 尚樹 PHP研究所クラシックテンサイタチノトウタツテン ヒャクタ ナオキ 発行年月:2018年06月18日 予約締切日:2018年06月17日 ページ数:224p サイズ:単行本 ISBN:9784569840710 付属資料:CD1 百田尚樹(ヒャクタナオキ) 1956年大阪生まれ。同志社大学中退。人気番組「探偵!ナイトスクープ」のメイン構成作家となる。2006年『永遠の0』(太田出版)で小説家デビュー。2009年講談社で文庫化され、累計500万部を突破。2013年映画化される。同年『海賊とよばれた男』(講談社単行本2012年、文庫2014年)で本屋大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1部 天才たちの青年期・壮年期(ショパン「ピアノ協奏曲第一番」ー大人になってその良さがわかるようになった/ベートーヴェン「第七交響曲」ーロック好きな友人が夢中になった/モーツァルト「フィガロの結婚」ー女性の貞操をテーマにした、最もモーツァルトらしい作品/リヒャルト・シュトラウス「ツァラトゥストラはかく語りき」ー哲学書まで音楽にした男/メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」ーヴァイオリンでなければ表現不可能な世界 ほか)/第2部 天才たちの到達点(モーツァルト「三大交響曲」ー三曲合わせて、「遺書」ともいえる交響曲/ベートーヴェン「ピアノソナタ第三二番」ー人類が残した最も偉大な曲/ブラームス「クラリネット五重奏曲」ーベートーヴェン的なものを排した、あるがままの曲/スメタナ「モルダウ」ー聴力を失ってから生み出された、チェコの国民的名曲/モーツァルト「ピアノ協奏曲第二七番」ー現世の苦しみや悲しみから解脱したような曲 ほか) 本 小説・エッセイ その他 人文・思想・社会 文学 その他

逃げる力 (PHP新書) [ 百田尚樹 ]

逃げる力 (PHP新書) [ 百田尚樹 ] 928円(税込)【送料込】

楽天ブックス

PHP新書 百田尚樹 PHP研究所ニゲルチカラ ヒャクタナオキ 発行年月:2018年03月15日 予約締切日:2018年03月14日 ページ数:220p サイズ:新書 ISBN:9784569837741 百田尚樹(ヒャクタナオキ) 1956年大阪生まれ。同志社大学中退。人気番組「探偵!ナイトスクープ」のメイン構成作家となる。2006年『永遠の0』(太田出版)で小説家デビュー。09年講談社で文庫化され、累計450万部を突破。13年映画化される。同年『海賊とよばれた男』(講談社、単行本12年、文庫14年)で本屋大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 積極的逃走のすすめ/第2章 人生の勝利者は「逃げる達人」/第3章 会社や仕事から逃げる/第4章 人間関係から逃げる/第5章 逃げてはいけないとき/第6章 突発的危機から逃げる/第7章 国の危機から逃れる/第8章 守るべきものがあれば、逃げられる 会社から逃げる、人間関係から逃げる、目の前のピンチから逃げる…逃げることは、消極的で後ろ向きなことだと考えていないだろうか。実は逃げることは戦うことと同じくらい積極的な行動である。戦う時に分泌されるホルモン「アドレナリン」は、逃げる時にも分泌されるのだ。本当に大切なものを守るために、戦っても勝ち目がない、得るものがないと判断したら、さっさと逃げるべきである。だからまず、自分にとって大切なものは何か、しっかり見定めなければならないー著者が動物や戦国武将の例も挙げながら、人生についての根本的な考え方を語る一冊。 本 小説・エッセイ その他 人文・思想・社会 文学 その他 新書 その他

カエルの楽園 (新潮文庫) [ 百田 尚樹 ]

カエルの楽園 (新潮文庫) [ 百田 尚樹 ] 561円(税込)【送料込】

楽天ブックス

新潮文庫 百田 尚樹 新潮社カエルノラクエン ヒャクタ ナオキ 発行年月:2017年08月29日 予約締切日:2017年08月28日 ページ数:288p サイズ:文庫 ISBN:9784101201924 百田尚樹(ヒャクタナオキ) 1956(昭和31)年、大阪市生れ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006(平成18)年『永遠の0』で作家デビュー。他の著書に『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 国を追われた二匹のアマガエルは、辛い放浪の末に夢の楽園にたどり着く。その国は「三戒」と呼ばれる戒律と、「謝りソング」という奇妙な歌によって守られていた。だが、南の沼に棲む凶暴なウシガエルの魔の手が迫り、楽園の本当の姿が明らかになる…。単行本刊行後、物語の内容を思わせる出来事が現実に起こり、一部では「予言書」とも言われた現代の寓話にして、国家の意味を問う警世の書。 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行 文庫 小説・エッセイ

影法師 (講談社文庫) [ 百田尚樹 ]

影法師 (講談社文庫) [ 百田尚樹 ] 712円(税込)【送料込】

楽天ブックス

講談社文庫 百田尚樹 講談社カゲボウシ ヒャクタ,ナオキ 発行年月:2012年06月 ページ数:408p サイズ:文庫 ISBN:9784062772839 百田尚樹(ヒャクタナオキ) 1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を構成。2006年、太田出版より刊行された『永遠の0』で作家デビュー。’08年に発表した小説『ボックス!』(太田出版)で高校ボクシングの世界を感動的に描いて圧倒的な支持を集め、一躍読書界注目の存在となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 頭脳明晰で剣の達人。将来を嘱望された男がなぜ不遇の死を遂げたのか。下級武士から筆頭家老にまで上り詰めた勘一は竹馬の友、彦四郎の行方を追っていた。二人の運命を変えた二十年前の事件。確かな腕を持つ彼が「卑怯傷」を負った理由とは。その真相が男の生き様を映し出す。『永遠の0』に連なる代表作。 本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

今こそ、韓国に謝ろう [ 百田尚樹 ]

今こそ、韓国に謝ろう [ 百田尚樹 ] 1,399円(税込)【送料込】

楽天ブックス

百田尚樹 飛鳥新社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 イマコソ カンコク ニ アヤマロウ ヒャクタ,ナオキ 発行年月:2017年06月 ページ数:257p サイズ:単行本 ISBN:9784864105569 百田尚樹(ヒャクタナオキ) 1956(昭和31)年、大阪市生まれ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006(平成18)年『永遠の0』(太田出版、現在講談社文庫)で作家デビュー。他の著書に『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞・講談社)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 踏みにじられた朝鮮半島/第2章 伝統文化の破壊/第3章 「七奪」の勘違い/第4章 ウリジナルの不思議/第5章 日本は朝鮮人に何も教えなかった/第6章 慰安婦問題/第7章 韓国人はなぜ日本に内政干渉をするのか これで日韓問題は完全に解決する。楽しみながらサクサク読めて納得できる、まったく新しい「韓国大放言」 本 人文・思想・社会 政治 人文・思想・社会 その他

フォルトゥナの瞳 (新潮文庫) [ 百田尚樹 ]

フォルトゥナの瞳 (新潮文庫) [ 百田尚樹 ] 766円(税込)【送料込】

楽天ブックス

新潮文庫 百田尚樹 新潮社フォルトゥナ ノ ヒトミ ヒャクタ,ナオキ 発行年月:2015年11月28日 予約締切日:2015年11月26日 ページ数:494p サイズ:文庫 ISBN:9784101201917 百田尚樹(ヒャクタナオキ) 1956(昭和31)年、大阪市生れ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006(平成18)年『永遠の0』で作家デビュー。他の著書に『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎は友人も恋人もなく、自動車塗装工として黙々と働くだけの日々を送っていた。だが突然「他人の死の運命」を視る力を手に入れ、生活は一変する。はじめて女性と愛し合うことを知った慎一郎の「死の迫る人を救いたい」という思いは、無情にも彼を窮地へと追いやり…。生死を賭けた衝撃のラストに心震える、愛と運命の物語。 本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

モンスター (幻冬舎文庫) [ 百田尚樹 ]

モンスター (幻冬舎文庫) [ 百田尚樹 ] 781円(税込)【送料込】

楽天ブックス

幻冬舎文庫 百田尚樹 幻冬舎モンスター ヒャクタ,ナオキ 発行年月:2012年04月 ページ数:494p サイズ:文庫 ISBN:9784344418509 百田尚樹(ヒャクタナオキ) 1956年大阪府生まれ。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」などの番組で活躍後、2006年に『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だったー。 本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) [ 百田尚樹 ]

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) [ 百田尚樹 ] 810円(税込)【送料込】

楽天ブックス

講談社文庫 百田尚樹 講談社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 カイゾク ト ヨバレタ オトコ ヒャクタ,ナオキ 発行年月:2014年07月15日 予約締切日:2014年07月10日 ページ数:466p サイズ:文庫 ISBN:9784062778299 百田尚樹(ヒャクタナオキ) 1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を構成。2006年、太田出版より刊行された『永遠の0』で作家デビュー。’13年『海賊とよばれた男(上下)』で第10回本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐡造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。 本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫) [ 百田尚樹 ]

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫) [ 百田尚樹 ] 810円(税込)【送料込】

楽天ブックス

講談社文庫 百田尚樹 講談社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】【海賊文庫化】 カイゾク ト ヨバレタ オトコ ヒャクタ,ナオキ 発行年月:2014年07月15日 予約締切日:2014年07月10日 ページ数:444p サイズ:文庫 ISBN:9784062778305 百田尚樹(ヒャクタナオキ) 1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を構成。2006年、太田出版より刊行された『永遠の0』で作家デビュー。’13年『海賊とよばれた男(上下)』で第10回本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 敵は七人の魔女、待ち構えるのは英国海軍。ホルムズ海峡を突破せよ!戦後、国際石油カルテル「セブン・シスターズ」に蹂躙される日本。内外の敵に包囲され窮地に陥った鐡造は乾坤一擲の勝負に出る。それは大英帝国に経済封鎖されたイランにタンカーを派遣すること。世界が驚倒した「日章丸事件」の真実。 本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

永遠の0 (講談社文庫) [ 百田尚樹 ]

永遠の0 (講談社文庫) [ 百田尚樹 ] 946円(税込)【送料込】

楽天ブックス

講談社文庫 百田尚樹 講談社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】BKSCPN_【戦後70年】 エイエン ノ ゼロ ヒャクタ,ナオキ 発行年月:2009年07月 予約締切日:2009年07月08日 ページ数:589p サイズ:文庫 ISBN:9784062764131 百田尚樹(ヒャクタナオキ) 1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を構成。2006年『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。高校ボクシングの世界を感動的に描いて’08年に発表した小説『ボックス!』で圧倒的な支持を集め、一躍読書界注目の存在となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくるー。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。涙を流さずにはいられない、男の絆、家族の絆。 本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行 その他 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

楽天ウェブサービスセンター

美容系

セブンネットショッピング

 - ニュース ,