トレンドな日記

人気アイテムについてなど様々なニュースについてなど更新しています。

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

   

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

Yahoo!ニュース|本屋大賞2019
ノンフィクション本大賞受賞!
第73回毎日出版文化賞特別賞受賞!
第2回八重洲本大賞受賞!

だそうです。

読んでませんが、ダイバーシティを学べる作品??

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー [ ブレイディ みかこ ]
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー [ ブレイディ みかこ ] 1,485円(税込)【送料込】

楽天ブックス

ブレイディ みかこ 新潮社ボクハイエローデホワイトデチョットブルー ブレイディ ミカコ 発行年月:2019年06月21日 予約締切日:2019年05月09日 ページ数:256p サイズ:単行本 ISBN:9784103526810 大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽く飛び越えていく。世界の縮図のような「元・底辺中学校」での日常を描く、落涙必至のノンフィクション。 本 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・は行

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー【電子書籍】[ ブレイディみかこ ]
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー【電子書籍】[ ブレイディみかこ ] 1,485円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>優等生の「ぼく」が通う元・底辺中学は、毎日が事件の連続。人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩むサッカー小僧。時には貧富の差でギスギスしたり、アイデンティティに悩んだり。世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の息子とパンクな母ちゃんの著者は、ともに考え悩み乗り越えていく。落涙必至の等身大ノンフィクション。</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。

【12月上旬入荷分】 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー The Real British Secondary School Days[本/雑誌] / ブレイディみかこ/著
【12月上旬入荷分】 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー The Real British Secondary School Days[本/雑誌] / ブレイディみかこ/著 1,485円(税込)【送料別】

CD&DVD NEOWING

★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>※12月4日前後入荷予定分からの出荷となります。予めご了承ください 大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽く飛び越えていく。世界の縮図のような「元・底辺中学校」での日常を描く、落涙必至のノンフィクション。<商品詳細>商品番号:NEOBK-2387724メディア:本/雑誌発売日:2019/12JAN:9784103526810【12月上旬入荷分】 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー The Real British Secondary School Days[本/雑誌] / ブレイディみかこ/著2019/12発売

【送料無料】 ポバティー・サファリ イギリス最下層の怒り / ダレン・マクガーヴェイ 【本】
【送料無料】 ポバティー・サファリ イギリス最下層の怒り / ダレン・マクガーヴェイ 【本】 2,640円(税込)【送料込】

HMV&BOOKS online 1号店

基本情報ジャンル文芸フォーマット本出版社集英社発売日2019年09月ISBN9784087890105発売国日本サイズ・ページ342p 19cm(B6)関連キーワード 9784087890105 【FS_708-2】出荷目安の詳細はこちら>>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について内容詳細 J・K・ローリング(作家)、ケン・ローチ(映画監督)ほかイギリスで絶賛の嵐。ついに日本語訳、登場!「オーウェルが21世紀の英国に生きていたらこんな本を書いたはずだ」——ブレイディみかこなぜイギリスは混乱続きなのか? 最貧困地区で育った著者の生い立ちから解き明かす。——それは間もなく訪れる日本の姿でもある。【ブレイディみかこ氏による序文より】この作品は2018年のオーウェル賞を受賞している。ダレン自身の回顧録(=ポバティー・サファリ)と新ラディカリズム論を融合させた本作は、ジョージ・オーウェルの『パリ・ロンドン放浪記』の現代版と評された。選考委員長のアンドリュー・アドニスは本作についてこうコメントしている。「これは緊縮財政を嘆き悲しむだけの作品ではなく、個人の力への賛歌だ。社会全体に対する批評でもあり、個人の自由とエンパワメントを呼びかける声でもある」これほど端的に本作の魅力を言い当てたことばもないだろう。右と左だの、上と下だのといった大きなことばを用いた政治・社会批評(わたしもそんなことを言ったことがあるひとりだ)が見失ってきた「人間」という基本のコンポーネントを本作は力強くルネッサンスさせているからだ。その意味では本作は、「ポリティカル・ライティングを芸術に」というオーウェルの野望を継承する文学的政治批評と言ってもいい。だからこそ、この本を読む者は、頭だけでなく心まで揺さぶられてしまうのだ。そしてこの「個人的な経験に基づいたソーシャル・リアリズム」というオーウェルのテーマの王道を行く本の全体にこそ、日本の人々がいま英国についてもっとも知りたいことが書かれているはずである。著者プロフィールダレン・マクガーヴェイ作家、コラムニスト、ラッパーであり、社会問題へのコメンテーターとして定期的にメディアにも出演。『ポバティー・サファリ』は初の著書であり、2017年に刊行されるとたちまちサンデー・タイムズ紙ベストセラーリストのトップ10入りを果たした。訳者プロフィール山田文翻訳家。イギリスの大学・大学院で西洋社会政治思想を学んだのち、書籍翻訳に携わる。訳書に『ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち』(共訳、光文社)など。序文執筆者ブロフィールブレイディみかこライター。1965年福岡市生まれ。96年から英国ブライトン在住。著書に『ヨーロッパ・コーリング——地べたからのポリティカル・レポート』(岩波書店)、『子どもたちの階級闘争——ブロークン・ブリテンの無料託児所から』(みすず書房)『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)ほか多数。

楽天ウェブサービスセンター

美容系

セブンネットショッピング

 - エンタメ